副業の収入は自分で確定申告を

本業の他に副業を行なっているという人は多いのではないでしょうか。企業に勤めている場合、給与の支払いで源泉徴収されますので、これまで確定申告をしたことがないというような人も多いかもしれませんが、副業の場合には自分で確定申告を行なわなくてはいけません。
仮に副業が企業などで雇用されたアルバイトなどの給与支払いであったとしても、二箇所以上の給与を受け取っている場合には確定申告を行なわなくてはならない可能性があります。副業で確定申告の義務が生じるのは年間の所得が20万円以上であった場合ですので、二箇所以上から収入があったとしても年間の所得が20万円以下の場合には申請は不要です。
しかし、20万円以下の所得であった場合でも確定申告を行なっていた方がよい場合もあります。確定申告を行うことで多く支払っている分の所得税が返済されることもありますし、もしも副業でアフィリエイトや動画配信などを行っている場合、始めのうちは収入がなく、カメラ代などさまざまな必要経費が出てきます。収入を得るために必要だった費用は必要経費となり、得をする可能性もあるのです。
確定申告を行なう際には、自分の副業がどの部類にあたるのかをまずは確認します。というのも、確定申告では所得の内容を記入する欄があり、どの分類になるのかを把握しておくことが必要になるのです。アルバイトなどで雇用された場合には、源泉徴収が送られてきますので給与所得になります。しかし、アフィリエイトなどは給与ではなく仕事に対しての単価という形になりますので、雑所得になります。他にも株取引などさまざまな項目がありますので、自分の副業の分類を確認しておくことが大切です。
副業の所得の申告方法は、税務署に期日内に訪れて記入をしたり、パソコンなどで行うことも可能です。副業の場合には本業の方で保険や扶養控除の申請などは年末調整書の申請で行っているため不用です。しかし、医療費、雑損、寄付金の控除は年末調整では出来ませんので、確定申告で行います。
確定申告で申告するのは上記の控除内容と源泉徴収表と支払い調書の支払い金額と源泉徴収税額、必要経費の金額、収入金額と給与所得控除額の金額、所得税などの金額を記入します。その用紙を税務署に収めると確定申告は完了です。必要に応じて税金の支払いなどを行わなくてはならない場合もありますので、確定申告の時期には税金支払い分は確保しておくことも大切です。

SNSでもご購読できます。